性病には様々な種類が存在しますが、若い世代を中心に多く見られるのが、クラミジア・トラコマチスと呼ばれる細菌によって引き起こされるクラミジア感染症です。
1回の性行為で感染する確率が50%と非常に高く、性病に対する警戒心が比較的薄い若い男性や若い女性の間で広がりやすいのが特徴です。

感染による性病は、コンドームによって感染確率を下げることができますが、性行為の最初から最後までコンドームを着けていたかどうかで感染率が変わります。
クラミジアは性器同士以外にも、オーラルセックスによって咽頭に感染する可能性があります。
さらに、咽頭に感染している人とディープキスを行うことで感染するリスクも考えられる性病です。

クラミジアの感染が拡大しやすい理由の一つとして、自覚症状がほとんど現れないことが挙げられます。
男性は約50%、女性は約75%が無症状と言われ、パートナーを変えるたびに感染を広げていく可能性があります。
症状が現れた場合、男性の場合は尿道に感染することで、膿が出たり排尿時に違和感が出るのが一般的です。
細菌が前立腺や睾丸、精巣にまで達すると、その部分に痛みや熱が生じることもあります。
女性の場合はおりものや不正出血などの症状があり、子宮や卵管、骨盤腹膜などに広がっていきます。

クラミジアは細菌感染症なので、抗生物質が治療に有効です。
代表的な薬がジスロマックで、完治までは3週間から4週間かかりますが、1回の服用で済むため飲み忘れなどが起こりにくいのが特徴です。
ジスロマックはマクロライド系に分類される薬で、副作用が少なく妊婦や子供でも服用できるメリットがあります。
また、簡単に通販でジスロマックを購入できるのもメリットの一つになります。

過去のクラミジア治療においては、ニューキノロン系の抗生物質が主に用いられてきました。
しかし、近年ではニューキノロン系に対する耐性を獲得した細菌が多くなってきたため、マクロライド系ほどの効果は期待できなくなっています。
クラビットはニューキノロン系の中でも、比較的多く処方されている薬です。

若い男性・女性は性行為に対する警戒心がない

若い男性や若い女性は、性病に対する知識が低いので警戒心を持つことがないのです。
性行為は危険を伴っているという事を、自覚していかなければなりません。
オーラルセックスをするのも、考えなしでしてはいけないのです。
パートナーや恋人としっかりと話し合って、性病になるという危険も知っておくことが大事です。

クラミジアは自覚症状があらわれにくく、ピンポン感染の危険があります。
性病になっても自覚症状がない場合、感染していること自体わからずに広げてしまう怖さもあります。
性病にならない為には、コンドームや女性用コンドームを使う事が一番ですが、感染してしまった後の迅速な対応も身体の為には大事なのです。

クラミジアなどの性病に感染してしまったら、ジスロマックやクラビットをいち早く服用して性病をしっかりと完治していかなければなりません。
軽い気持ちでの性行為が、恋人やパートナーや自分自身を傷つけてしまうのです。
体調が悪かったり本調子ではない時は、性行為をしない事が一番です。
考えずにその場の雰囲気で性行為をしてしまう事は危険な行為で、知らず知らずの間に自分も感染していたという結果を招いてしまいます。

性行為をする時は、決まった相手とするなどの意識を高めながら感染しないように予防をしていくことが重要なのです。
若い男性や若い女性も、性行為に対して関心を持ち性病の怖さを知っていかなければなりません。
感染してしまったと悲観するのではなく、クラミジア治療に効果のあるジスロマックやクラビットを服用していきましょう。
しっかりとした治療で完治する事を優先にして、性病に対する警戒心を常日頃から意識していくように心がけていくことが一番です。