カンジダ膣炎は女性特有の病気のひとつですが、治療をしてもよく再発することが知られます。
再発する理由としては、カンジダ膣炎を引き起こすカンジダ菌が常在菌であるためです。

カンジダ菌は酵母の姿をした菌類のことで、無色の不完全酵母がカンジダと呼ばれます。
その姿は出芽によって増殖するもので菌糸に近い姿をしています。
増殖したとしても炎症を生じない場合には治療の対象とならないため性感染症としては扱われませんが、性器周辺や口に現れるものです。
男性の場合には性器が露出しており菌が増殖する環境にないため起こりにくいものですが、女性の場合には性器が体内に存在するため高温多湿になりやすく発症しやすいものです。
また常在菌であるため性交未経験者であっても自発することがあり、治療しても再発することが多くあります。

基本的な治療方法としてはビタミン剤と乳酸菌整腸薬の服用と抗真菌薬の外用と内服です。
特徴としてはカンジダ膣炎は治療をしなくても治ることがあるということで、このためビタミン剤や乳酸菌整腸薬の服用で免疫力を高めることでも改善することができます。
ただひどい状態にある場合にはカンジダ菌そのものを滅菌するために抗真菌薬が使われます。
カンジダ膣炎の場合には膣内で発症しているので膣座薬や内服薬が使われます。

ただカンジダ菌は常在細菌ですから完全に治療をしたとしても再発するリスクがゼロではありません。
免疫力の低下が再発の理由になりますし、また生理によるホルモンバランスの変化によって自浄能力の低下、ステロイドや抗生物質の服用によって善玉菌が弱くなりカンジダの増殖などがあります。
また日頃から気つけなければいけないのは通気性が悪いことで高温多湿になるような下着はカンジダ菌を増やしやすいものになりますし、また糖尿病や肥満も悪影響を及ぼしカンジダ膣炎を起こさせる原因になります。

再発を完全に防ぐことは難しいですが、身体の環境を整えることで再発を食い止めることができるものです。

再発を繰り返さないためにも免疫力を上げる

カンジダ膣炎になると膣周辺のかゆみが発生し肛門にまで派生しますし、また排尿時に痛みを生じるようになります。
いずれもカンジダ菌の増殖によってもたらされるものですが肛門のかゆみによってつい肛門周辺を掻いてしまうので注意が必要です。
一方で排尿時には尿道炎のような痛みを感じることになります。

カンジダ膣炎を再発を繰り返さないためには治療と並行して免疫力を高めることが大事で、そのために治療の際にはビタミン剤や乳酸菌整腸薬が処方されます。
これらは腸管内の常在菌のバランスを整える効果がありますし、また腸管から吸収されてその他の身体にある常在菌のバランスを整え免疫力を高めてくれます。
それに腸管内のバランスを整えることで腸管内に存在するカンジダ菌が肛門を通じて外に出るのを防ぐ効果があります。

免疫力を高めることで再発を食い止めることができる理由はカンジダ菌の増殖を抑えることができるためです。
再発する理由は再感染するケースと残っていたカンジダ菌が再繁殖するケースが考えられます。
再感染でもっとも多いのが腸管にいるカンジダ菌が大便とともに肛門から排出されそれが膣内に侵入してしまう自己感染がもっとも多いものです。
また抗真菌薬による治療を行っても完全に除去出来ていない場合には再繁殖することがあり、それが再発の原因になるので注意が必要になります。

ただいずれにしてもカンジダ菌が膣内に存在したとしても免疫力を高めることによって過度な増殖を抑えることができるので再発を防ぐことができます。
また免疫力を高めるほかにも清潔にすることが大事で膣洗浄を行ったり、また通気性の良い下着を身につけるといったことによっても再発を防ぐことができます。