カンジダ膣炎は真菌が原因で発症する病気なので、性病ではありません。
カンジダ膣炎は、粘度の高いオリモノが出やすくなったり、量が多くなる、臭いが強くなるなどの症状が見られます。
真菌が原因なので症状が悪化すると強い痒みが出てしまったり、カッテージチーズ状のオリモノが出やすくなります。
感染経路はタオルなどを共用したり、性行為などもあるため、コンドームを必ず装着させることが大事です。

カンジダ膣炎に罹ると性交痛が見られるようになったり、排尿時に痛みを感じる場合があります。
性行為の経験がない高校生や中学生も罹る可能性がある病気なので、気になる症状が見られたら、専門クリニックを受診して下さい。
カンジダ膣炎に限らず、免疫が弱るとカンジダの症状が出るので注意が必要です。
専門クリニックに行くのに抵抗を感じている人も多いですが、診察を受ける時も恥ずかしさを感じる必要はありません。
専門クリニックを受診すると、抗真菌剤の内服薬や塗り薬、座薬などを処方してくれます。

カンジダ膣炎はカッテージチーズのようなオリモノが出たり、外陰部や膣に強い痒みを感じるため、問診や診察をすると診断が付くことが多いです。
信頼できる専門クリニックを選ぶと、高品質な薬を処方してくれるので、しばらくは根気よく続けることが大事です。
内服薬や塗り薬を続けていると、少しずつ症状が改善してくるので、治療中はパートナーと性行為をしないことが大事です。
妊娠を望んでいない時は、きちんとコンドームを装着させることも大事です。

カンジダ膣炎の感染経路はトイレやタオルなどが多いですが、健康な人の場合は発病することは少ない傾向があります。
カンジダ菌は体内に常在している菌なので、口の中や膣内に生息しています。
体調不良の時はカンジダ膣炎が発症しやすいため、充分な休息や睡眠を心掛ける必要があります。
抗真菌剤による治療を続けることで、少しずつ症状が改善してきます。
誰でも罹る可能性がある病気なので、気になる症状が見られたら早めに受診しましょう。

カンジタ膣炎はストレスや体調不良によっても感染する

カンジダ膣炎はカッテージチーズ状のオリモノが、多量に出てしまったり、膣や性器周辺の痒みなどが見られることが多く、大変不快な症状が見られます。
カンジダ膣炎は性病ではありませんが、大切なパートナーに感染させないように、性行為の時はコンドームを装着させて下さい。
真菌が原因の病気なので、抗真菌剤による内服薬や外用薬が有効な病気です。

カンジダ膣炎は過度なストレスを受けたり、体調不良がある時は発症しやすい傾向があります。
ホルモンバランスが崩れがちな、生理前は感染がしやすいので、バスタオルやタオルなどは共用しないことが大事です。
カッテージチーズのようなオリモノが多量に見られる時は、刺激臭のような臭いも発生しやすく、悩んでいる人が少なくありません。

カンジダ膣炎は精神的なストレスを受けたり、風邪などの感染症に罹り、体調不良の時も感染しやすいので注意をして下さい。
病気が疑われる時は異性との性行為は避けて、早めに専門クリニックで診察を受けましょう。
女性の膣内は酸性に保たれていますが、ストレスや体調不良が原因になると、バランスが崩れてしまいカンジダ菌に感染しやすくなります。

外性器の痒みが強い時は、石鹸をつかって洗ったり、ビデを使用する人が多いですが、洗い過ぎると症状が悪化する原因になるので、洗浄力の強すぎる石鹸は避けて下さい。
カンジダ膣炎は排尿時に痛みを感じやすいので感染に気付く人が多く、女性の5人に1人ぐらいは経験してあるので、珍しい病気ではありません。
カンジダ膣炎の感染経路は様々ですが、常在菌が原因なので、ストレスや体調不良の時は罹りやすくなります。
早い段階で治療をすると、体に負担の少ない治療が受けられます。